起業家として

・はたらく時間へらしたい。

・シゴトをコントロールしたい。

・シゴトの成果をあげたい。

そう思うなら、やることはたったひとつだけなんです。


業務効率 まずやることはコレ。


業務効率あげて、成果をだしたいなら。

つけたし思考をやめる。

 

忙しい・・。シゴトおわらない・・・。

忙しいのに、なんで売り上げは上がらない・。

そんなとき一番の問題は、「思考」。

・やり方
・スキル
・ツール

これを変えたり、新しく知識をつけたしても
実は、ますます忙しくなるだけ。


・本を読んでも
・手帳を変えても
・最新アプリを手に入れても

つけたし思考をかえなければ

いつまでたっても
根性論から抜け出せないんです。

 

業務の効率。なんのためにやる?

業務効率化の目的は大きく分けると2つ

・利益率をあげる

自分自身、またはスタッフの労働時間をへらすことで人件費をおさえる

・ライフワークバランス

個人起業家は、駆け出しの時期ほどすべてを自分でかかえこみがち。

自分の時間、家族の時間をつくることは後回しになっていきます。

目の前のシゴトに追われていると、
事業戦略といった
打ち手をじっくり考えることもできなくなってしまいます。

業務を効率的しておーわり!ではなく

その先には、
利益があがる。
自分の生活の質の向上があるはずです。


業務の効率をあげる方法


「よっしゃ。業務効率化やるぞー!」と気合いをいれて動き出す前に。

まずは、業務の効率をあげる方法を確認しましょう。



まずはこれから!効率化5つのポイント

業務を効率化していくために、5つのポイントを押さえましょう。

・シゴトの棚卸

・無駄なシゴトをみつける

・シゴトの終わり時間をきめる

・人に任せる

・型を作る

 

業務の効率化。スターート!


・シゴトの棚卸

まず、自分がどれくらい
シゴトを抱えているのか確認しましょう。

ポイントは、
かかえているシゴト全部かきだすこと。
1日にやるタスクは全部かきだします。

余裕があれば
起きてから、寝るまでにすること全部。
(シゴトだけでなく、起きてから寝るまでにやること全部)

 

あわせて、それを完了するのにかかる時間も
書き出しておきます。

例)
メール返信:30分
資料作成:120分
夕食:30分・・・などなど。

まず、自分が抱えている荷物の量をしっかり確認しましょう。

「かかる時間」を全部たして
24時間こえていたら、どうがんばっても・・・・シゴトはおわりません。


・無駄なシゴトをみつける

書き出したシゴトの中で、

売り上げにつながらないシゴト
自分じゃなくてもできるシゴト

はありませんか??

起業家として事業をつづけていくには

しっかりを売り上げをあげること。
が大切ですよね。

ちょっと極端ですが
売り上げ(成果)に繋がらないシゴト
は無駄なシゴトです。

また、24時間フルスロットルで、
働き続けるのは限界がきます。

他の誰かにもできるシゴトを「わたしがやればいいか~」
でやってしまうと
あなたの大切な時間はどんどん減っていきます。

今抱えているシゴトで
ぜったい、自分がやるべきシゴトはなにか。
を見つけましょう。



・シゴトの終わり時間をきめる

個人起業家は、(シゴトをしようと思えば)
いつでもどこでも、どこまでも・・・
シゴトができてしまいます。

毎日、この時間までに終わらせる!
この日は絶対にシゴトをしない!

さきに、決めておくことで
「いま、やるべきこと」に集中できます。


・人に任せる

成果につながる自分にしかできないシゴト

以外は人に任せることで、業務の効率を加速させます。

・メールの返信
・書類の送付
・スケジュール調整
・経理業務

などなど。

「自分がやったほうが早いでしょ。」
で1から10まで自分でやっていると

いつまでもやる気&根性論から
抜け出せなくなってしまいます。

自分で全部抱えていると
誰かが活躍できる場面をうばっていることもあります。

「お願い!」することで業務は効率的になっていきます。

・型を作る

毎日、毎月繰り返すシゴトがあるなら、型を作りましょう。

誰でもできるようにマニュアルをつくっておく
メールの返信フォーマットをつくっておく

一度やったシゴトを記録しておけば
毎回「0」からやる必要も無くなります。


まとめ

業務効率化したいなら。

つけたし思考を変える!

そのあとに、5つやる!

・シゴトの棚卸

・無駄なシゴトをみつける

・シゴトの終わり時間をきめる

・人に任せる

・型を作る