事業を大きくするときに
「人と組む」「チームをつくる」のは必須です。
ただし、人と組む、チームを作るのは、安易にやらない。

 

事業拡大。集客を増やすためになんとなく、コラボは危険


人と組むときに「なんとなく」で組むと必ずトラブルになります。
一緒にイベントやる、一緒にセミナーをする、一緒に仕事する
のは口で言うほど簡単じゃない。

 

今わたしは、人と組んで仕事をすることが増えてきましたが、
トラブル(金銭、契約、顧客クレーム)はなく
スムーズに進んでいます。

それは「人と組む」最初の段階でポイントを押さえていたから。

人と組んで、チームをつくり自分のビジネス育てたい。
と思うなら、しっかりポイント押さえましょう。

 

事業を拡大していくときに。そもそも、「人と組む」ってどういうこと?

 

そもそもですが、<自分以外の誰かと仕事する>のは、

自分のお客様、相手のお客様にもっといいサービス&商品を届けるため。
これが基本姿勢です。

 

「コラボしましょう、お互いにリストを増やすのが目的です」「稼ぎたい」
でもいいですけど。

自分のことしか考えていない人間に、
誰も協力しないし、誰も一緒に仕事はしたくない。
「信頼」という個人起業家にとっていちばん大切なものを失っている。

自分のお客様、相手のお客様に、もっといいサービス&商品を届けるため。
という基本姿勢を見失わないようにしましょう。


実際に、何に気をつけて「人と組む」のか

 

ポイントは以下
・集客できる人同士で組むこと
・目標は大きく
・人間的に信頼&合うかどうか

 

 

1)集客できる人同士で組むこと

商品も顧客もいない状態で
セミナー企画、イベントを企画してもうまくいきません。

集客できない同士はダメだし、どちらかしか集客できないのもダメ。
「商品ある。顧客リストある。ファンがいる」これが最低条件です。


かつ自分と同じレベル感(集客実績が同じくらい)か
すこし上のレベル(認知、集客力が自分より上)の人と組む。
これが基本です。

 

2)目標は大きく

人と組む=コラボするなら、目標は高く。
集客数や売上を「いつもの延長」で設定するのは、コラボの意味がない。
力が掛け算になって、大きな成果を生み出すためにやる。


3)人間的に信頼&合うかどうか

最後に重要なのは「人として信頼できるか・合うのか」という点。

いくら、集客力があって認知度がたかくても
組む相手のことが信頼できない、嫌いでは成果はでません。
要は、「お金だけ、稼ぐことだけ」で相手選ぶとしんどいぞ。ということ

 

事業拡大。誰と組むのか。相手の決め方

 

組む相手を決めるときは、以下で考えましょう。

・ターゲット(ペルソナ)が同じ「他業種」
・ターゲット(ペルソナ)が違う「同業種」
・コンテンツ(商品)が違う「同業種」

要は、同じ業種でくむなら、商品かターゲットが違う人と組む。
違う業種でくむなら、ターゲットが同じ人と組む。


コラボ。人と組む時に、うまくいかないパターン

人と組むときに、このパターンにはまらないように。

相手に頼り切っちゃう
(または、相手が自分に全部頼ってくる)

本気にならない
(テキトーな企画、テキトーなコンセプト、告知も集客も、
事務処理もフォローもテキトーでいいものはうまれません)

どちらかにしか利益がない
(自分たちも、お客様もみんなとくするように)

信頼、信用できない人組む
(約束守れない、遅刻&納期遅れる、周りの人の評判が良くない、
本音で話せない同じレベルで会話できない、
VISIONが全然ちがうなどがあると、どこかでトラブル発生します)

 

事業拡大。人と組むとき何をしなきゃいいけないの?

 

人と組むと発生するタスクは以下。

・集客
・コンテンツ(商品)
・ライティング(告知、広告、LP)
・事務処理
・入金管理
・リスク管理(失敗したときにに誰がどれくらい責任持つのか)

組む相手がきまったら、最初に「利益配分」をしっかりきめておくと後々もめません。
一般的には集客できる人がいちばん利益配分が大きくなります。
(お客様いないとお話にならないからね)


最後に


「人と組む」「チームをつくる」上でルールはあります。

でも結局は<人と人>

相手のことが信頼できるか。がいちばん大切です。

大物とコラボして、楽に売上あげるぞ・・なんて考えていたら
いつまでたっても信頼できる人間関係はつくれません。

・約束はまもる
・遅刻しない
・納期まもる
・間違ったら謝る
・感謝する
・報告連絡相談しっかりする
・自分で決めたことはやりきる
・言っていることとやっていることが一貫している

地味ですが、これらを積み重ねることで
「この人は信頼できるな」と思ってもらえます。

信頼つくるのは、コツコツ。信頼こわすのは、一瞬です。
コツコツしっかり作り上げた人間関係は簡単には崩れません。