Customer profile

山本なつみ様



株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ コンサルタント
ロジかわ会代表
ロジカルで可愛い女子を目指す「ロジかわ女子」の会主催


Project
ロジかわ会 オフィシャルサイト

集客の仕組み化・戦略立案・運営チームの組織化




BEFORE

・戦略立案ができず何が問題かもわからない
・集客方法が、属人的で再現ができない
・運営チームの稼働時間が増加
・新規会員数が歩留まり


ロジかわ会立ち上げから半年が経過。
集客ができているが、
なぜ集客がうまくいっているのかが不明。
会員数を拡大していきたいが、
集客の仕組み化がまったくできていない状態。
代表の山本さんはじめ
運営メンバーの負担が大幅に増加し
危機感を感じていた。


AFETER(2ヶ月経過地点)

WEBから新規会員獲得
WEBから参加申し込み増加
運営チームの稼働時間が7分の1に



具体的な内容

・運営チームの組織化
なんとなくで役割分担していた運営チームを分業化。
適正人数に再配置することで、メンバーの業務負担減

・公式HPのスタート
ペルソナから逆算し写真を選定
インタビュー記事掲載により
WEB経由での申し込み増加

・事務処理の効率化
WEB申し込みの導入・事務処理フローの見直しにより
稼働時間を7分の1に

・集客の仕組み化
WEB集客を開始
facebook活用・得意な紹介を仕組み化したことで
自動的に申し込みが入るように

 

なぜ、集客できているのか。全くわからなかった


        

佐藤:
普段は固くやっていますが今日はそういうのはいいので笑
山本さん簡単に自己紹介を。

山本さん(以下敬略):
そうですね笑
ロジかわ会の代表しています。山本なつみです。


佐藤:
主催をしているのが山本さんです。
ロジかわ会に私も入っているんですが。
私の場合は、
「ロジカルシンキングできない」とはどういうことなのか
を知りたくてはいったという笑

「普通はロジカルに考えらるようになったらいいな〜」
で入るところをわたしは逆から入ったという笑


山本:
そうですね笑
でも、こちらからすると、それが救世主だった。


佐藤:
今は、ロジかわ会の会員として
ロジかわ会が成長していく上で
戦略担当として、裏側を担当させていただいているんですね。


山本:
私は、普段は営業コンサルタントとして
組織営業などをコンサルしているんですが、
その一方で働く女性の支援もしたくて、
はたらく女性のコミュニティ(=ロジかわ会)を立ちあげたんです。


佐藤:
私が参加した時は、
「もう会員数100名はみえています」みたいな時期でしたよね。

山本:
そうなんです。
「会をやります」と言ったら、意外に人は集まって
10人、20人、50人と順調に集まっていて集客はできていたんですね。
時代なのか。
これだけ、はたらく女性が学びたいんだなあと。
良くも悪くも、半年くらいで100人くらい集まった。

佐藤:
すごいですよね。どういうことだと笑

山本:
そうなんですよね。
でも、それ(集客)ができたのは、「なぜなのか」が
コンサルタントとして今いちわからなかった笑

佐藤:
山本さん意外と、最後は「野生の勘」!笑

山本:
そうです笑
口コミで集まったけれど、
このままじゃまずいと思ったんですよね。
どうやったら会員が集まるかわかっていない。

佐藤:
そうですね。
増えたけど、再現できないじゃないわたしたち!っていう笑

戦略をたてないといけない・・でもどうやるの?

 

山本:
HPやWEBまわりができていないのに
会員を集める「しくみ」がなんにもできていないのに
なんかだか集まってしまった。

 

佐藤:
ある意味すごいですけどね。
中々集まらないから、
「WEB集客・顧客動線を見直しましょう」が普通なんですけどね。

 

山本:
ロジかわ会は、
「ロジカルになりたいっ!」という行動派の方は多いんです。
ただ、今ものすごく論理的かと言われると・・・。

 

佐藤:
目標立てて、戦略設計して、PDCA回すのはあまり得意ではない。
会員は集まったけれど、
山本さんをもう一人増やすのか
山本さんが壊れるまで限界までがんばるのか・・という。

 

山本:
そう、私も仕事で「論理的」には最低限やりますが、
基本は「感覚」でやってしまう傾向がある。
なので救世主ですよ。

100人集まったのなら、もっと世の中の役に立ちたいし
500人1000人と目指していきたい。
大きな会にしていきたい。

でも100人集まって、
そのあとに500人ってどう集めるの?
じゃあ、1000人ってどうするの?
ってところを戦略的にしなきゃいけない。

絶対に戦略は必要って思っていたら、
いいタイミングでふみこさんが現れた。

 

「チラシ配っているから会員が増えている」と思っていた。

 


佐藤:
集客できたけど今後は何もせずに集客ができて
かつ山本さんも(体を)壊さずに
今の運営メンバーがいいところを発揮して
組織を大きくしていきたいよね。
というタイミングでしたね。


山本:
そう、救世主。
もう、「ひっちゃかめっちゃか」でしたからね。
なんにも整っていない・・。


佐藤:
ロジかわ会では、
仕組みを作る上で、やったことは本当に少ないんですよね。

・そもそもお客さんってどうできるの
・お客さんがファンになる原理原則
・顧客動線
・マーケティングの原理原則

あたりを運営メンバーのみなさんに
ミニセミナー開催してお伝えして。

これをロジかわ会に置き換えるとこうなんですよ。と。

で、一度置き換えしたんですけど
細かいところまで詰めるやり方は「合わない」ってことがわかって、
最低限のfacebookの効果的な使い方と
ロジかわ会が得意な紹介を仕組みに落としたんですよね。


山本:
それまでは、
「人集めよう!」っていったら
「どうする?どうする?!」
「じゃあチラシで集めよう!」
ってなってチラシをとりあえず印刷する。

佐藤:
顧客動線の入り口でチラシがあっているのか
facebookのようなSNSツールがいいのかを判断するんですが。
当時は「チラシをまけばお客さんがくる!」という思考になっていた。

山本:
そうです。
でも、それでなんとなくお客さんは来ている。
だからわからなくなる。
チラシがよかったのか、勢いなのか・・。

 

佐藤:
そうですね。
せっかくパワーもあって拡散力もある。
なのにうまく機能していない。

「ロジかわ会ににぴったりの方法はなんなのか」
交通整理して断捨離した感じですよね。

 

山本:
そうですね。
わたしも口コミが多いので
正直、facebookでシェアしても来ない。と思っていたんですよね。

とりあえずシェアして。
文章も目的も写真も何も考えず。ただやっていた。

 ロジかわ会に合う「最小の力で、最大の効果」

佐藤:
初期メンバーが満足度がものすごく高くて
彼女たちが、自分たちの周りに声をかけてくれていたんですよね。

本当にロジかわ会が大好きだから、
すごい方だと自分の仕事中にチラシ配ってくれていたり。

でもそれだと再現性がない。
だれでも再現ができて、かつ労力が少ない方法はないのかと。

そこで、まず最初の行ってもらったのは、
・facebookでタグ付けして拡散
・facebook上のコミュニティやグループにイベント投稿
でしたね。

 

山本:
それまでは
新規会員は、「既存会員の友達だけ」だったんですよね。

facebookの投稿については
・どう打ち出すのか
・ターゲットは誰なのか
を考えて打ち出し方を変えただけて
「facebookみて、いいね されていたので来ました」
という感じで新規会員ができたんですよね。

 

佐藤:
そう、山本さんに
facebookからちゃんと来るからやってね。
(ペルソナから逆算して)このコミュニティやグループに投稿してね。
って頼んで。

 

山本:
そうですね
「いやー、でも来ないと思うんですよね~」
ってぶつぶついいながら笑

来たらラッキーくらいにしか思っていなくて
そうしたら、本当に来て。

佐藤:
来る!って言ってるでしょう笑

山本:
そう笑
しかもそれが毎回、一定数facebookからちゃんと来る。

あと
ロジかわっぽいなー、ふみこさんわかってるなー
と思ったのは、写真の選定。

うちの特色がわかっているなーと。
「ロジかわだったら料理と会場の写真あげてくださいね」と。

佐藤:
写真の選定をね。変えましたよね。

山本:
そう、それが当たった。

今までは、
講義の写真とか
集合写真とかをメインにしていたんですけど。

変えたおかげで
「料理がおいしそうだったから」
「会場が素敵で」
を理由にfacebookから参加してくれる方がでてきました。

それまでは、チラシ刷って、まいて、
とにかく声をかけるしかしていなかったので。
おかげで「集客しよう!!!集客しよう!!!!」って感じゃなくなった。

 

なぜ、効果がでるのが早かったのか

 

佐藤:
ロジかわ会は、それまでも集客には困ってはいなかったけど
100人で歩留まりしそうになってましたね。
パワーゲームで集客しているし、組織運営も仕組み化できていない。


運営メンバーが
「仕組みとは何か」を理解して
「ターゲットから逆算して設計する」という考えを知って

私が「これやってくださいね」ということを
素直にやっていただけたおかげで

成果(新規会員増加)がでるのも早かったですね。

何より、皆さんがロジかわ会を本当にいい!
と思っていて
世の中にいいものをつくろう!!
と思っていることが大きいですね。

なにより素直な方があつまっているので
これだけいい結果がでたのかなーと。

山本:
ですね。だからこそ、
勢いだけじゃだめで、仕組み化が必要だと。
本当に切実に思っています。

佐藤:
今後も仕組みは作り続けますしね。

山本:
その時、その時によって戦略ってかわりますかね?

佐藤:
そうですね。ロジかわ会の場合はこれからは
収益化を加速していくタイミングで動線見直したり
コアメンバーが組織回していく戦略も必要ですね。

集客の仕組み化に関しては
本当にマーケティングの基礎の基礎だけで成果がでましたね。

山本:
本当にありがたいです。
 

佐藤のサポートはどんな人があうのか


 

山本:
あと、ふみこさんがいいなと思うのは、
外部から来るだけじゃなくて、実際に会にも参加して
みなさんと交流してくれるじゃないですか。


佐藤:
わたしが勝手に楽しいからやっているという笑

山本:
「先生!」という感じで堅苦しいのはないですよね。

佐藤:
そうですね。
ゆるさしかないかも・・・。でも締めるところは締めているので笑


山本:オンとオフの「差」が助かってますね。

佐藤:
こういう人はわたしのサポート受けた方がいいとかあります?

 

山本:
何がわからないかもわからない
でも、もっと良くしたい。大きくしたい。って思っている方ですかね。
わたしが客観的にみれないときに、勝手に整理してくれた。


佐藤:
「なにが問題もわかりません。でも問題はあります。」

山本:
そう、問題がわかれば解決できるじゃないですか。
でもプロの視点じゃないと問題点はわからない。
こうしたいんですよー!とか、ちょっと話聞いてください!
の段階で話聞いてもらえるのはもらえるのはありがたいです。

佐藤:
その人の「ありたい姿」は違う人間なのでつくれないんですよね、

でもそれ(ありたい姿)さえあれば、
現状を教えていただければ整理できますよね。

山本:
素直に聞けない、融通きかない人は
佐藤さんのサポートうけるのはやめたほうがいいですね。

目標があればもちろん、こだわりはあるんですよね。

でもプロの話聞いて、やった方がいい。
それができないなら、やめた方がいい。

佐藤:
そうですね。こだわりをどうこうはできないですね・・。
根性論で行きたいならどうぞ~という感じなりますよね。

山本:
絶対言うこと聞いた方がいい笑 

 

佐藤の人柄について

 

佐藤:
じゃあ、最後に佐藤の人柄についてはどうですか?

山本:
ギャップがありました。
一見すると「友達」っぽい感じなんですよね。

でも仕事の話をするとロジカルでわかりやすい。
しかも前にすすむ。
だから、安心してご紹介したいですね。

あと、切り替えが上手い。
仕事は「仕事」ずっと堅いかといったらそうでもない。
オフになるとなんでも話せる。

どっちかしか知らない人は両方知って欲しいですね。

佐藤:
仕事のときしか知らない人は多いかもしれないですね。
オフモードしか知らない人は、
ただただ、甘いものとお昼寝とお散歩が好きな人。笑

山本:
「人」として付き合うのがいいのがいいと思います。
ぜひご紹介したい。

佐藤:
高い目標があって人柄まるごと関わりたい方は
相談してみるといいかもしれないですね。

山本:
仕事は仕事で信頼して任せることができる。
「ロジカル2割。かわいい8割。」のロジかわ会の目指す姿ですね。

佐藤:
ありがとうございます!
これからも引き続き頑張っていきます。


山本:こちらこそ、よろしくお願いします!

※記事で使用している写真はロジかわ会よりお借りしています

KIROKUKA個別相談についてはこちら