口癖は「忙しい」 やることが終わらない

・忙しくて、落ち着いて考えるヒマもない。

・なのに成果はイマイチ。

そんな時は頭の中を<書き>出して、<分ける>だけで

脳内断捨離!!!できて、

シンプルに今何をやったらいいのかわかるようになります。

 

いんてりあ

 

脳内断捨離で、はたらく時間が半分になる



実は、「忙しい、忙しい」と思っているときほど、
自分が今どれくらいの仕事量を抱えているのか、本人がまったくわかっていないことがほとんど!!
 ※脳内ブラックボックス化して、大パニックになります。
 

なので、まずは脳内を書き出すことが超重要!!!

ただし!はたらく時間が半分になっても、成果(売り上げ)も半分になったら
困りますよね。はたらく時間を半分にして成果もあげたいですよね。

その前に、「成果ってそもそも何か」を確認しましょう。

 

 

成果をあげる3つのポイント

成果をあげるには、3つのポイントがあります。
この3つを知って、意味を理解すれば
やみくもに「なんでもやらなきゃ!」と焦って突っ走ることがなくなります。
※成果(=売り上げをつくる・売り上げを上げる

成果をあげる3つのポイント

<売るもの×売る場所×お客様>

 

売り上げをあげたい、大きくしたいと思ったら
この3つを大きくしていくことが大事なんです。

ちなみに、この3つのポイントは掛け算で成り立っているので、
どれか1つばかりやって、他が疎かになっていたら

どんなにあがいても売り上げは「0」です。

成果をあげたい!そんな時はこの3つを育てましょう。

成果をあげる方程式は
<売るもの×売る場所×お客様>の3つが掛け算になっています。

成果をあげたい!(売り上げあげたい!)と思うなら、
この3つを全部大きく育てていけばいいんです。

・売るもの
あなたがもっている商品やサービス
・売る場所
お客様に商品を提案したりお出迎えする場所。お店がある人は、お店。
「これ買います」、クロージング(契約)をする場所だと思ってくださいね。

 

・お客さん(集客)

ビジネスで最も大切なのは、顧客をつくること
いくら商品やサービスをつくっても「それ!欲しいです!!」
と言ってもらえなければ意味がない・・・!!泣

 
 
 

少しわかりにくいので、八百屋さんで考えてみましょう。

八百屋さんは、基本的には、野菜や果物をお店で売っています。

売るもの=野菜やくだものがあって

売る場所=お店があって

お客様=近所の主婦さんがくるから 売れるんですね。

 

もしこの八百屋さんに

・野菜や果物がなければ商品がない売れない

・お店がなければ(売る場所がないと欲しい人がどこで買えるかわからない→売れない

・商品作って、仕入れて、お店に並べてもそれがお客さんが来ない場所なら→売れない

 

どんなにいい商品でも、
ネットもつながらない、動物さえも侵入できない秘境の地にあったら欲しくても買えない
ここにこんないい商品があるよ!と情報を手にすることもできないですね。

はたらく時間を半分に。成果をあげる。

成果(売り上げ)を出すには、
売るもの、売る場所、お客様
の3つをそれぞれ育てて大きくすればいいわけです。

「あれも、これも!!やらなきゃーー!!!」
と頭の中にごっちゃごっちゃになってしまうのは、
「能力が足りない」わけではないんです。

・やることがいっぱい

・気持ちが焦る、シゴト追われている気がする

バタバタして1日が過ぎる。あれ何も進んでいない・・?!

この負のスパイラルにハマってしまっているだけ!

 

例えて言うなら、あなたの今の状態は、
脱いだものは、脱ぎっぱなし。食べたものはそのまま。
ゴミは捨てずに、掃除もしない。そんな部屋にいるようなもの。

ここで、新しい家具(新しい知識やシステム)を買おう、入れようと思っても
ますます部屋は狭くなり、どんどんあなたを圧迫するだけ。

はたらく時間を減らすには?

 

まずは、ノートでもポストイットでもなんでもいいので、
今頭の中にあるものを全部書き出してください。

とにかく、今「あーあれもこれもやらないと!!」と思っているものをすべて。
仕事だけじゃなくて、家事や用事。全て書き出してみましょう。

「3つ」に分けてみる

「やらないと!」と思っているものを書き出してみると・あれ?思ったより少ないな

・これだけシゴトを抱えていたらそりゃ身動きとれなくなるよね

と自分のシゴト量を冷静に判断できるようになります。

 
 
 
そして、書き出したものを「3つ」にそって分けていきます。
 

売るもの・・・商品やサービスに関わるシゴト

売る場所・・・お客様に商品を提案したりお出迎えする場所に関わるシゴト

お客様(集客)・・・お客様を集めるためのシゴト

捨てられるか考える

 

書き出して、分けてみましたか?

 

この3つに「当てはまらないもの」もあったと思います。

「当てはまらないもの」=無駄なこと(売り上げには関係ないこと)

この3つに収まらないものが多ければ多いほど、
忙しいのに、成果が出ないという悪循環に陥ります。
 
 
この3つに収まらないものを捨てれば捨てるほど
はたらく時間は少ないのに、成果が上がる
という好循環になります。
 
 

最後に、この3つに収まらないものを

誰かに頼めないかそもそもやらなくてもいいんじゃないのか)と考えてみてください。
 
 
 
 
 
いきなり、3つから溢れているものを、捨てることは難しいですが
3つ以外のものは、無駄なんだ​​​​​​​ということは覚えておいてくださいね。
 
 
 

まとめ

 

・忙しい原因は、脳内ブラックボックスになっているから

 

・成果を上げる3つのポイントを確認する
 
・脳内を書き出してみる
 
・売り上げをつくる「3つ」に分けてみる
 
・「3つ」から溢れたものは捨てる
 
脳内断捨離して、働く時間を半分にして成果を上げていきましょう!