あなたのビジネス自分が「動かないと」売上あがらない?


自分の技術やノウハウは自分にしかわからないし
人に教えることもできない。

自分がお客様に接しないと売上あがらない。

講師として、自分が前に立たないと売上あがらない

自分が施術しないと売りあげあがらない。

自分が営業しないと売りあげあがらない。


今、あなたの事業やビジネスが
自分が、「動かないと」売上あがらない構造になっていたら、
けっこう危険です。

今はまだいいけれど、その働き方はずーーーと5年先も続けられますか??

・休めない 
・体力もたない

はたらく時間を減らすと売上も下がる<悪循環>ハマる前に。
自分がたおれたら、売上たたない状態はいますぐ変えましょう。

 

自分が動かなくても、売上を安定化させる


自分が動かなくても、売上を安定化させる
2つの場所を「しくみ」化すること。

自分が働かないと、売上があがらない(=労働集約型)から脱出するには
大きくわけると2つの場所を「しくみ」化する必要があります。

・集客の「しくみ」化
・顧客フォローの「しくみ」化

この2箇所

集客の「しくみ」化

要は、顧客動線=お客様が来る順番をつくって、自動化しよう。

ということ。(寝てても申し込みが入っている状態にしよう)

※顧客動線について
くわしくはこちら記事参考
「集客できない。マーケティングってなに?」悩んだらここをチェック!

 

1)顧客動線を作れていない場合はまずつくる。

顧客=お客様が
動線=来る順番

お客様は急には、あなたの目の前にあらわれません。
お客様が迷わずあなたの元に来れる仕組みをつくりましょう。

 

2)顧客動線を自動化する

例えば。

ファネルの入り口(認知=お客様にしってもらう)方法として、
広告(リスティング広告、FB広告など)を開始する。

※費用対効果を考えて広告つかってください。
例えば、広告費40万かけたら、最低売上は40万

メルマガでステップメール
※本気でステップメールつくること。ステップメールは難易度高いですよ。
フォーマットに入力して7通送るのがステップメールだとおもったら大間違いです。

月額課金をつくり、導入。


顧客フォローの「しくみ」化

顧客フォローの「しくみ」化のポイント

・ノウハウを体系化して、誰でも成果が出せるようにしておく
・スタッフ育成
・対面指導を減らす
・コンテンツの動画配信
・コンテンツのテキスト化

つまり、ノウハウをちゃんと体系化しておき
届ける方法を動画やテキストにして直接指導する人を絞る。

自分のやり方を再現できるものにして
自分に以外の人が教えられるようにしておく。

直接対面で対応する人を減らす
課題を確実にクリアしている人にアドバイスする
レベル分けするなど

 

仕組みをつくる まとめ

「自分が動かないと売り上げ上がらない」から脱出して

5年先も安定して事業を続けには、

顧客動線をつくり自動化
顧客フォローの自動化

この2つのしくみが大切!