効率的な仕事の捨て方


もう少し気持ちに余裕を持って仕事をしたい。

ゆっくり落ちついてこれからの事業戦略を考えたい。

そう思うなら、実は、

効率的な仕事のやり方を覚えて隙間時間でどうにかしよう!
と考えてはいけないのです。

 


やることは、ただひとつ。効率的に仕事を「捨てる」こと

 

忙しくて時間がない。能力が足りなくて仕事が終わらない。

仕事がおわらない一番の原因は、あなたの能力が足りないわけではないのです。


もっている荷物が(抱えている仕事量)

もっているバックから(理想の仕事時間)はみ出てるだけ。




なので、やることはただひとつ

その、成果につながらない仕事を捨てましょう。

経営者であるあなたは、成果につながる仕事だけをしましょう。

 

 

成果につながらない仕事をみつける

 

無駄な仕事(成果につながらない仕事)をかかえているから

時間がなくなってしまう。

成果につながる仕事だけ できれば

働く時間は少ないのに成果はあがります。

それは、わかっちゃいるけど、

そもそも、どの仕事を捨てたらいいかわからないんだよー!

はい。そんなあなたに、朗報です。

成果につながらない仕事の見つけ方は、

とても、すごく、ものすごく。簡単。

 



このワークシートで一発でみつかります。

 

効率的な仕事の捨て方ワークシート

 


ワークシートを使うと、どの仕事を残すのか
どの仕事を捨てるのか迷わずきめられます。

 

 

使い方

 

1)タスクに今かかえている仕事、今日やろうとしていることを全て記入

※仕事だけでなく家事やら雑務も記入してください。

 

2)◯×△を記入

条件に合わせてサクサク◯×△を記入してください。




そのタスクが「やりたい」なら「○」

そのタスクが週に0回〜1回なら「○」

やればやるほど売上になるなら「○」

人に任せたらだいたいいくらくらいかかるのかは、
余裕があれば書いてみてください。

「×」が3つあるタスク

 

やりたくなくって、毎日繰り返してて、

なのに売り上げに全くつながらない仕事。
これが「×」が3つあるタスクですね。

 

「やりたくない仕事でも大人ならやらないとダメじゃない?」

そう思ったそこのあなた。その考えは捨ててください。

やりたくない=苦手=効率めっちゃくちゃ悪いんです。

そう、あなたがやりたくない仕事をすると

効率が悪くて(時間がかかる)質も悪い(苦手だからミスおこす)

 

例えば事務作業。やりたくない人は

事務作業(エクセル入力、決まったことをきっちり淡々と正確にやる)が、苦手。
さらに事務作業やるとミスをします(桁間違えて入力する、飽きる)


全部×ってことは、
やりたくない=苦手=効率めっちゃくちゃ悪い。
しかもやっても成果につながらない。




そんな仕事を毎日繰り返していたら

大切なあなたの時間はどんどんなくなっていきます。

 

 

効率的な仕事の捨て方  <具体例>

 

 

ワークシートは書き終わりましたか?

では、ここでペンを置いて以下のように分けてみましょう。

 

 

 

全部◯の仕事

→これは、経営者である、あなたがやるべき仕事です。

やりたい=得意=効率がいい。成果もでる。

 


全部×の仕事

→今すぐ捨てる仕事です。

あなたがやるべき仕事ではない。そもそもやらない。

外注する得意なスタッフに任せることが必要。

 

×と△だけの仕事

→いきなりは手放せないけれど、半年以内に手放すべき仕事です。

全部×の仕事がなくなったら次は×と△の仕事を手放していきます。

外注する、得意な人に任せていきましょう。
あなたが「嫌いで苦手な仕事」は、誰かの「好きで得意な」仕事です。

人に頼りましょう。
あなたがいつまでも嫌いで苦手な仕事を握っていることが
他の誰かが活躍できる場所を奪っています。


最終的には、全部◯の仕事。
これだけにあなたが集中できるようになれば完璧です。

 

 

 

効率的な仕事の仕方  まとめ



効率的に仕事をしたいなら。まず、仕事を捨てること。


ただし、なんとなくで捨てない。

ルールそって仕分けてから捨てていきましょう。

得意なことで、少ない時間で、成果をあげるこれが大切。