はたらく時間をへらして

きちんと売り上げもあげていきたい。

と思ったら、

ちゃんと売れる仕組みをつくっておきましょう。

 

売れる仕組みをつくるときに必要なのは

マーケティングの基礎知識。

起業している(起業したのに)

マーケティングがよくかわらない・・。はかなり危険。

ハイヒールとミニスカで雪山のぼるくらい無謀で危険なので

ここでサクッと覚えておきましょう。

 

 

 

そもそもマーケティングってなに?

 

マーケティングってなんか聞いた事あるけど、

ちょっとよくわからない。

試しに検索して調べると、もっとわからなくなります笑

 

マーケティング:marketing

by Wikipedia

: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、
「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、
顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。
また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

・・・はい。むずかしい。

あやうく、最初の1文字で挫折しそうになりましたよ・・。

 

 

 

マーケティングってなに?ものすっごく簡単に言うと。

 

マーケティングってものすっごく簡単にいうと

その人が「欲しいもの」を「欲しいときに」

「ポンっと」目の前にだす

その仕組み(設計図)をつくること。

これがマーケティングです。

 

 

(「あーこんなのほしいなー」と思っている)欲しい人の目の前に

(その人の)欲しいモノを

(今、ほしいーー!と思ったその瞬間に)欲しい時に

(「あるよ!」と)目の前にポンとおいてあげる

 

マーケティングってシンプルに言うと

ただ「これだけ」なんです。

 

 

「あーつかれた・・。コーヒー飲みたいわ~」

っていったら横で

「ありますよーっ」てだしてくれたら嬉しいですよね。

 

そんな風に

お客様が「は~。こんなのあったらいいのに・・・」

と思ったその瞬間に

目の前に「こんなのありますよー!」と差し出す。

「ま・さ・に!私がほしかったやつです!」

とお客さんが喜ぶそんな仕組みをつくること。

これがマーケティングです。

 

 

 

マーケティングを、もう少し詳しく説明します。

 

少ない力で

商品を大量&効率的に売れるように

市場調査・製造・輸送・保管・販売・宣伝

のやり方を考えて実行する

これをまとめてぜーんぶがマーケティングです。

 

 

大企業では、いろんなやり方を想像してみて

つねに一番いい方法はどれかな〜とためしていくんですね。

 

でも個人起業家がひとりでこれ全部やるのって

大変ですよね。

実は個人起業家にあったやり方があるんです。

 

マーケティング(=売れる仕組み)がないとどうなるの?

 

個人起業家にあったやり方を伝える前に、

マーケティング「なし」だとどうなるか考えてみましょう。

 

こんな感じになります。

 

例)コーヒーを売りたいぞー!!

 

コーヒー売るぞ!と思ったときに。

お客様を街中でハンターのように

「今、コーヒー欲しい人いないかーーー?!」

と待ち伏せして、ひとりひとりに声かけるの

ものすごい効率悪いですよね。

 

その場所に人が通るかどうかもわからない。

その人が欲しいものがコーヒーじゃないかもしれない。

声かけたその時はコーヒー飲みたい気分じゃないかもしれない。

 

 

なにより、ハンターのように毎日じっと待ち構えるのはしんどい

 

1日獲物ねらってたけど、

1日粘って売れたのコーヒ-1杯190円でした。

なんてどう考えても効率が悪い。

 

マーケティング(=売れる仕組み)ナシで

1本釣り&狩りのようなスタイルでは

体力、資金ともに限界にきてゲームオーバーになっていしまいます。

とにかく「無し」はマジできっついぞ!!は頭にいれてください。

 

 

マーケティング(=売れる仕組み)ってどうつくるの?

 

いるかどうかわからないお客様を一本釣りで狙ったり

お客様をむりやり説得させるよりも

 

お客様の方から

それあなたから買いたいです!

と言って来てくれるほうが嬉しいですよね。

 

お客様だって、

「はあ~。困ったな~。どうしよう~。

 こんなのあったらいいのに・・・!」と悩んでいるタイミングで

「はい!ここに解決できるものありますよ!」

と用意されていたら買います。

 

 

個人起業家は、この仕組みをマスターしよう

 

個人起業家が覚えておいたほうがいい

マーケティング(=売れる仕組み)のはこれです。

顧客動線ファネル

 

ファネル=じょうごのこと

 

 

こんなふうに、入り口にお客さんがいたら、

自動で自分のところまで

ストーンと落ちてくる仕組み。この形を覚えてください。

 

 

渋谷の交差点で

私のお客さんいますかー!て叫ぶより

優雅にお店でまっていたいじゃないですよね?

 

この仕組みを覚えて実践できれば、

自分からお客様のもとんへ行くのではなく

お客様のほうから自分のところまで来てもらう。

そんなことも実現できるんです。

 

 

この仕組みじゃないとダメなの?

 

 

お客様(顧客)がくる動線(順番)つくって

本当にとどけたいメインの商品をひとつつくって

理想のお客様だけが自動で来てくれる仕組みをつくる。

ということです。

 

 

ポイントは、

商品ひとつ、理想のお客様だけがストーンときてくれる

ということです。

 

個人起業家が大企業と同じ方法で戦ったら、即負けちゃうんですね。

大企業なら、資金も人脈も豊富ですし、

優秀なスタッフを揃えることができる。

 

大企業ならその商品をしってもらうため(認知させるため)に

売れっ子タレントをつかってCMをつくったり

山手線ジャックして宣伝したり

渋谷のスクランブル交差点のテレビモニターで

宣伝できるかもしれない。

大量の営業スタッフを使って、お客様候補ひとりひとりに

声をかけることもできます。

 

でも個人起業家はそれはできません。

人脈や資金はほぼ「0」にちかい

場合によってはビジネススキルも「0」に近い状態です。

お客様から自分のところに来てもらう

仕組みをつくりげることが大切なんです。

 

 

うまくいかない理由は、マーケティングの基本がずれているから

 

もう1回いいますよ。

マーケティングはシンプルなんです。

(「あー・・こんなのほしいなー」と思っている)欲しい人の目の前に

(その人の)欲しいモノを

(今、ほしいーー!と思った瞬間に)欲しい時に

(あるよ。!と)目の前にポンとおいてあげる

ただそれだけのことです。

 

 

うまくいってないなー

って時は、どこかがズレているんですね。

 

・欲しい人の目の前に

=欲しくない人に提供している

欲しいやついないかー!!で近づいたらお客さんは逃げます。

 

 

・欲しいモノ

=お客様は欲しくないモノになっていないか

 

お客様が知りたいのは、「で、それ私にメリットあるの??」

その商品やサービスうけてどうなるの?ということにしか興味はありません。

 

ビジネスはお客様の問題解決なので

あなたのやりたいことにお客様は正直興味ない。

わたしにメリットあるの?

悩みとや今の不安とか不満解決できるの?が知りたいんです。

 

 

・欲しい時に

=お客様が「いらない」ときに届けている

 

お腹空いてたらなんでもおいしいけど

お腹いっぱいだったら食べたくない。

お客さんが欲しい~。って時に届けることができないと意味がないんですね。

 

・目の前にポンとおいてあげる。

=お客様はわざわざあなたの商品を見つけに来てはくれません。

他の商品と見分けがつかなければ、

いくらいい商品でもお客様に素通りされちゃいます。

 

 

 

うまくいっていない原因、うまくいくパターンをみつけるのが記録

 

 

個人起業家が、生き残るには

しっかりマーケティング(売れる仕組みをつくっていくこと)

をしていくことが大切なんです。

今、なんだかうまくいっていないなら

仕組みがちゃんとつくれていないか

 

仕組みがどこかでつまっています。

 

 

自分のシゴトを記録しておくとうまくいっていない理由がわかるんです。

ルールに沿って自分のシゴトの記録をとることで

うまくいかない原因、自分がうまくいくパターンがみつかり

あなただけが選ばれる仕組みがつくれるんです。

 

補足)マーケティングの基本押さえたいなら

マーケティングしていく上で、

基本単語押さえておくと、理解しやすいかもしれません。

 

基本単語)

 

マーケティングは、

「市場調査・製造・輸送・保管・販売・宣伝」これらをまとめて仕組みする。

 

仕組みを作っていく上で、以下7つの「P」を確認しておく

 

製品                (Product、プロダクト) 「何を」

価格                (Price、プライス) 「いくらで」

流通                  (Place、プレイス) 「どこで」

プロモーション    (Promotion、プロモーション) 「どのように」

人的要素           (People、ピープル) 「だれが」

物的証拠           (Physical Evidence、フィジカル エビデンス) 「どんな品質を」

プロセス           (Process、プロセス) 「どの手順で」

 

7つの「P」確認して作ったら、

売る場所(市場)、お客さま(顧客)、ポジション(競合差別化)を確認しておく。

 

S = セグメンテーション ( 対象になる市場 )

T = ターゲティング    ( 対象にある顧客 )

P = ポジショニング    ( 市場での自社のポジション )

 

「どの市場で」

「誰に」「何を」「いくらで」

「どこで」

「どのように」

「誰が」

「どんな品質を」

「どんな手順で」

でサービスを提供していくのか。この一連の流れが大切。

 

 

まとめ

 

働く時間減らして、売り上げあげたいなら。

・ちゃんと売れる仕組みつくろう

・そのためにマーケティングの基本おさえよう

 

マーケティングは

その人が「欲しいもの」を「欲しいときに」

「ポンっと」目の前にだすということ

 

マーケティングなしだと

ずっと狩りに行くスタイルから抜けられない。

 

個人起業家は

顧客動線ファネルをマスターすること。

記録であなただけの顧客動線ファネルをつくりあげる。