気がつくと、いつも時間オーバーしている。


60秒の予定が
90秒になる分には可愛いもんですが。

「時間内に仕事がおわらない」癖は、
はやいうちに治しましょう。

クライアントさんとの話しが
いっつも予定時間より長引く癖がある人は要注意。

他の仕事も「予定通り」に進まない癖がついちゃっています。

 

「時間内に終わらない」癖の直し方


癖は直せます。
クライアントさんとの話しが予定より伸びてしまうあなたへ

さっそく、結論から。
予定時間内で話をまとめるポイントは3つ。

 

・ゴール決める

・シナリオ書く

・やる

この3つやっておけば
「時間内」でビシッと終わるようになります。

 

 

ゴール決める

 

「クライアントさんと話す」にもちゃんとゴールを決める。
なんとなく。で話さない。

今日は、最終的に
何を決めるんだっけ?
何を確認してどういう答えをだしたいのか
ここをきっちり自分で決めましょう。

クライアントさんと
コミュニケーションとる理由は
大きく分けると3つのパターンがあります。

 

1)提案する時
例)商品の提案、契約、継続の提案


2)現状把握する時
例)連絡が遅れる理由はなにか
期限内に提出物が上がってこない理由はなにか
コンディション状態の確認


3)打ち手と成果の確認
成果はあがっているのか
打ち手(提案した解決策)はちゃんとやっているのか
できないならどうしたらいいのか

 

そもそも今日クライアントさんと話すのは

上記3つのうちどれ?
最終的に何聞きたいの?

をきめてからクライアントさんと話しましょう。

 

シナリオ書く

ゴールがきまったら、
そのゴールにむけてシナリオ書きましょう。
メモ書きとかでいいので。


ゴールに向け
何をどういう順番ではなすのか
カンニングできるように書いておく。
かつ、時間配分も。

 

例)30分で!!今日のゴール「クライアントさんの現状を把握する」

この3つを確認する
・最近、連絡が遅れるのはなぜか
・期限内に提出物がこない理由はなにか
・コンディション状態の確認

この順番で質問する
・最近、なかなかメール返信こないですけどなにかありました??(7分)

・提出物が遅れてしまってましたけど量がおおすぎましたか??(7分)

・コンディション状態の確認(7分)

・最後にまとめる(5分)

30分でおわらせるなら、25分くらいでシナリオつくっておくとよいです。
30分ちょうどでつくるとぜったいに時間オーバーするから。

 

やる

ゴールきめてシナリオ書いたらあとはやる。

1回じゃ上手にはできないので
何回もくりかえしてみてくださいね。

 

「地図なし」状態で話をしているから時間オーバーしちゃう。
「地図」つくってしっかり見ながら時間内で
仕事完了させていきましょう。

 

まとめ

クライアントさんとの話しが予定より伸びてしまうなら

・ゴール決める

・シナリオ書く

・やる

 

 

この3つやってみる。
「時間内」でビシッと終わるようになります。

 

 

KIROKUKA 個別相談については
こちら