成果を再現する。
うまくいったら誰でもうまくいく方法にまとめる。

売上好調!でも、ぶっちゃけ、うまくいった理由がわからない。
わたしはできるけど、人には教えられない・・・。
ノウハウは、ベテラン社員の頭の中にしかない。
営業は社長にしかできない。
スタッフが抜けたらだれにもわからない。
新人育成ノウハウがない。

これらは、全部成果を再現出来ないことが原因です。

はたらく時間を減らして、
成果もしっかりあげていきたい(利益をだしたい)

と思うなら、

「成果の再現性」にこだわりましょう。

成果の再現性とは


成果を、いつでも・誰でも再現できるようにすること。
これが成果の再現性。

うまくいったら、おわり。ではなく、

それをいつでも・誰でもうまくいくようにしておくこと。

うまくいったら、うまくいった理由を確認して
いつでも、誰でも、できるようにする。


「成果の再現性」ができるようになると

自分だけなく、人にも教えて同じ成果を出せるようなる。
ベテラン社員の頭の中にあるスーパーノウハウがまとまる。
誰でも営業できるようになる。
スタッフが抜けても支障がない。
ど新人が入ってきても、三ヶ月で1人前にする育成できる。

こんな風に、自分がいなくても事業がまわるようになります。


成果を再現する
これを見れば「誰もでも、同じ成果がだせる」
マニュアルをつくる

「成果を再現できる」ようするには、5つのステップでできあがります。

1)うまくいったことを見つける

2)書き出す

3)並べる

4)加える、修正する

5)見ながらやる


1)うまくいったことを見つける

ご自身の仕事で先月よりも、うまくいったこと、
他のひとよりも上手くできることありませんか?

・売上が上がった

・新規のお客さんが多かった

・成約数が多かった

・商談にいくとあの人確実に話まとめてくるな

・ベテランスタッフさんが対応するとクレームなくすべてがうまくいく

・ミスなくスピーディーに納品できた

・クレームが減った

・お客様がから褒めてもらうことがおおかった

・お客様をご紹介いただいた

などなど。先月よりも「なんとなく、良くなったこと」ありませんか?


毎日、毎日、がんばっていますから
ひとつくらい絶対に「うまくいっていること」あります。
ひとつでいいので、うまくいったことを見つけてみましょう。



2)書き出す

うまくいったことを見つけたら、それを書き出します。

メモでいいので、書き出します。


例えば、こんな風に。

例)うまくいったことを書く場合
「お客様をご紹介いただいた」

○月○日。
既存のお客様の〇〇さんに新規のお客様を2人ご紹介いただいた。
新規でのお取引につながる。
○月の売上、○万円。
〇〇で困っているひとがいたらうちに声かけてくださいね。
と前にいったことを思い出してくれたらしい。
フォローが丁寧なところを〇〇さんは気に入ってくれた。
念のため〇〇さんに、どんな風にご紹介しているのか聞いてみよう。


このように順番や内容はごちゃごちゃしてもいいので、
「うまくいったこと」を書き出します。


例)他の人よりうまくいったことを書く場合
「他のひとにくらべて成約できる確率が高いらしい」

他のひとに比べて、成約できる確率が高い。
10人に提案したら7人に成約できたから成約率70%だ!
何でだろうと思って、特別になんか気をつけていることあるかな
思い書き出したら

・必ず、話す順番をきめてから話している
・お客さんの話をうけとめる
・お客様を否定しない
・わかりやくすくはなすようにこころがける
をしていた。



他の人よりうまくいったことを書く場合は、
自分が気をつけていること
自分は当たり前にやっているけれど
他の人はやっていないことを箇条書きでもいいので書き出します。



3)並べる

書き出したものを、実際にやる順番にしていきます。


例えば、こんな風に。

例)うまくいったことを書く場合

「既存のお客様から紹介をもらう方法」
1人のお客様から2人紹介をいただき売上につなげるポイント

・「〇〇で困っているひとがいたらうちに声かけてください」とかならず言う
・フォローの丁寧さを具体的に伝える
(メールでの質問に対して動画つけて回答しているなど)


例)他の人よりうまくいったことを書く場合

「成約率を上げる方法」成約率70%にする方法

・必ず、話す順番をきめる
・お客さんの話をうけとめること
・お客様の話は否定しない
・小学生にもわかるように専門用語をつかわずに話す

どんな方法か何がポイントなのかを
どんな順番でやるのかなどを並べていきます。


4)加える、修正する


3)で書き出した方法で、ポイントを押さえてもう一度再現できるかやってみます。

1人のお客様から2人紹介をいただき、売上につなげるポイント
・「〇〇で困っているひとがいたらうちに声かけてください」
・フォローの丁寧さを具体的に伝える

成約率70%にする方法
・必ず、話す順番をきめる
・お客さんの話をうけとめること
・お客様の話は否定しない
・小学生にもわかるように専門用語をつかわずに話す

かきだして並べた通りに実行。
やってみて、これも加えたほうがいいなと思ったら加える。
これは無駄なことだな。ということがあれは修正する


「成果の再現性」まとめ


「いつのまにか」上手にできるようになったことは
実は、宝の山。

今、普通にできていることも
5つのステップでまとめて
誰でも再現できるようにしおく。
成果を再現する。

うまくいったら誰でもうまくいく方法にまとめることが
自分が動かなくても、売上があがる土台になります。