目標を「たのしく」達成するには、2つのポイントを押さえておきましょう。

ポイントはこの2つ。

・自分のタイプを知ろう

・小さいゴールをつくろう


自分の状態を確認する

ちょっと、みなさんの状態をチェックしてみましょう。
以下に当てはまる場合は、「根性論」で仕事をしている可能性大。

・目標決めているけどね、いつも達成しない
・目標達成ってなんかしんどいイメージしかない
・目標一応決めるんですけど、いつのまにか
 自分がどこ向かって走ってるのかわからなくなる
・もう、俺(わたし)は「はしることだけ」に集中したいんだ。
・戦略ってなんですか?
・ガンガン体育会で行こうと思うといつも息切れする・・。
・割と自分、体育会系ですけど、これ一生とか無理っす。

 


たのしく目標達成できる2つのポイント

 

 

自分のタイプを知ろう

起業って、起業しましたー!はいおわりー。じゃないですよね。
一発屋で終わるんじゃなくて生き残りつづけたいですよね?

ながーく続けるには
自分のタイプにあったペースですすめないと心も体もこわします。

「成功する自分のペースを知る」これが超 重要

自分や家族の時間を
犠牲にせずにシゴトをがんばりたい。

そう思うなら、
ちゃんと自分に合うペースを知っておきましょう

 

自分を変に責めたりせずに
いい意味で、省エネで成果がでるようになります。

4タイプ成功する自分のペース

ペースは大きく分けると4タイプ

・400mを走りきりタイプ
・100mダッシュタイプ
・ダッシュ無理マラソンタイプ
・走るの無理お散歩タイプ

自分がどのタイプなのか確認しておきましょう。

 

・400mを走りきりタイプ

2~3ヶ月でシゴトやプロジェクト猛ダッシュでやりきると
1~2週間はクールダウンでシゴトのペースを落とします。

 

 

・100mダッシュタイプ

目の前のことをガーッとやりきる。でも、集中したら
それと同じくらい休まないとバランスが崩れます。

 

・ダッシュ無理マラソンタイプ

そもそもダッシュが合わない人もいます。
マラソンのように自分の
ペースをコツコツ積み重ねていくことが得意な人もいるんです。 

一気にダッシュさせたり無理させるとバランス崩れます。

 

・走るの無理お散歩タイプ

そもそも走るのが無理。という人だっています。
お散歩のように、ある程度ゆとり保ちながら
前に進むことが合う人だっています。

 

成功している人のやり方をまねをするときは
その人の進むペースと自分の進むペースが同じか。は確認した方がいいです。

 

自分が
・走れる、歩ける距離はどれくらいなのか

基礎体力はあるのか

・どこまでやったら休まないとやばいのか。

あなたが倒れてしまったら、
その先にいる救えるはずのお客様が救えなくなってしまう。

根性論とやる気だけじゃ限界がきます。

自分のためにも、そのさきのお客様のためにも
「ペース」守りましょう。

 

小さいゴールをつくろう

目標たてたら、その目標に向けて一気に走ろうとしないこと。

一気に走るのではなく、
途中でちいさなゴールをかならず作ってください。

専門用語でいうと、
KPI(Key Performance Indicator=重要業績評価指標)
KGI(Key Goal Indicator= 重要目標達成指標)
ですね。

 

これだと難しいので、
「小さいゴール」つくっておこう
と考えてくださいね。

 

例)
・400Mいっきにダッシュ
じゃなくて

・100Mを4回はしる
※100M(小さいゴール)をどうやって走るかだけ考える。

 

例)
・1年で売り上げ2000万円達成だー!

じゃなくて

・1年で2000万円

なら
・毎月166万円(小さなゴール)
毎月166万円安定して
売り上げるにはどんな方法があるのかな?
(ちいさなゴールに対してどんな打ち手があるか調べる)

 

23日で達成するなら
・1日7万2000円(もっと小さなゴール)
1日7万2000円を安定して
売り上げるにはどんな方法があるのかな?
(ちいさなゴールに対してどんな打ち手があるか調べる)

 

という感じで、

いっきに山を登ろうとしないで、
・1日
・1ヶ月
・3ヶ月
・半年

・・・・でどこまで登ろうかな?
と考えてくださいね。

目標達成まとめ

 

はたらく時間を3分の1にして売りあげ倍にしたいなら。

たのしく目標達成できる2つのポイントをマスターしよう。

・自分のタイプを知ろう

・小さいゴールをつくろう

 

 

やってみよう!